Search this site
はじめまして。札幌大通で歯科医院をしております、ちかま歯科クリニックの院長、近間です。よろしくお願いいたします。
<< 開院4年目のお知らせ | TOP | 開院5周年と衛生士さんの募集について >>
6月1日 開院4周年になります
こんにちは。
とうとう1年もブログをほったらかしにした近間です。

勿論、仕事で精いっぱいだったのが原因ですが、年末年始のご挨拶までぶっとばしたのは理由がありまして・・・。
昨年11月20日頃より、高熱と片側頸部のリンパ節が腫れる壊死性リンパ節炎という病気になってしまい、
解熱剤が切れると38度まで発熱し、借金でもないのに首が痛くて回らないという状況が少なくとも年末まで続き、
医院も休診させて頂くこともあり、患者さまには大変ご迷惑とご心配をお掛けいたしました。
あらためてお詫び申し上げます。

3月ごろまで疲れるとじくじくしていましたが、ようやく落ち着いてきました。
その節はご高診頂きました、野谷健一先生、北大の佐藤明先生、ありがとうございました。
この病気、やはり疲れると再発することもあるらしいので、休息も大事だそうです。

がっ。この1年の日々の診療も、体力と気力と弱いアタマのフル回転でした。
迷い惑わされてカーニバル状態のアゴの患者さまに、
飾りじゃないのよ前歯はハッハ〜、きれいなだけならいいけどホッホ〜、
奥歯が噛めない時点でちょっと悲しすぎるのよ顎位がホホホ〜・・・と説明し続け、
削り疲れた診療の帰り、これで今月も終わったなとつぶやいてえ、
ブーツのジッパー上がらずに、むくんだなと思ったら泣けてきた〜〜毎日でした。

難解!!と判断した症例は、勉強会に持ち込み、怒涛のような野谷健治先生の御指導を伺っているうちに
アタマのなかで英語の翻訳が追いつかなくなり、メモの手が止まり、多分チベットスナギツネのような顔になって
側頭部をぐりぐりされながら目が回りそうな感じになります。

勉強会の先生方、いつも時間を押してしまい、低レベルの質問をしている私をお許しください。
30年もの勉強会の歴史に、まだ私のアタマは追いつけないのです、きっと。

この1年、自分も歳をとり、もはや昔なら初老といった年代に突入します。
大病を乗り越えられて、今度は歯の治療をちゃんとしたいという患者さまも多くいらっしゃいました。
今後はご迷惑をかけないように、また、この歯科医院へ来てよかったと思って頂けるためにも、
自分の身体も気をつけようと思います。
今までも、無頓着なわけではなかったのですが、最近はトシを感じますね〜。
心は永遠の29歳なんですけどね〜。

ああ、今年私達昭和○○年生まれは、記念のお誕生日yearなんですよ。恐ろしすぎて口には出せないんですがね。
そんなわけで私のカバンにはまだ若干の空きがありますので!!

では、みなさま、5年目に向けてまた宜しくお願い致します。
(本日の内容い散りばめられた歌、フレーズがすべてお分かりの方は、同じ年代以上の方とお見受け致します(笑)。)

          近間 恭子
posted by ちかまデンタル | 09:00 | 歯医者さんのこと | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://sapporo.chikamadc.com/trackback/11
トラックバック